次代を担うメディカルイノベーターの育成

医療・ヘルスケア領域におけるイノベーションを加速するためには、最先端の研究開発と社会実装を担う卓越した人材を育成することが喫緊の課題です。
「メディカルイノベーション大学院プログラム」は、そうした人材育成システムの構築を目指し、医学研究科、薬学研究科、iPS細胞研究所、トップレベル研究拠点プログラム(WPI)ASHBiが連携して立ち上げた、卓越大学院プログラムです。
医学研究科、薬学研究科の大学院生を対象に、選考を経て履修者を決定し、現在35名が在籍しています。

次代を担うメディカルイノベーターの育成のために、皆様からのあたたかいご支援を賜りますようお願い申し上げます。

メディカルイノベーション人材育成基金、寄付の方法についての詳細は、 京都大学基金のウェブサイトをご覧ください 。

基金の使途

次のような教育研究支援に使用させていただきます。  

  • 優秀な学生が教育研究に専念するための経済的支援
  • 学生が立案した異分野共同研究の支援
  • 海外派遣・インターンシップの支援

税制上の優遇措置

京都大学へのご寄付に対しましては、法人税法、所得税法による税制上の優遇措置が受けられます。 詳しくは京都大学基金のウェブサイトをご覧ください 。
京都大学基金/税制上の優遇措置